ピル・避妊・生理痛

 

 

妊娠を避けるためにピルを服用したいと考えている女性は多いのではないでしょうか?

 

一般的にピルは「避妊の為に飲む薬」と思われていますが実はそれ以外にも生理不順や生理痛にも効果があり実際に治療に使われてもいます。

 

ピルの基礎知識

  

 

ピルを服用すると血中のホルモン(黄体ホルモン)が増えます。

 

通常女性のからだは、排卵後に黄体ホルモンが増えるようになっているのでピルを服用する事で既に排卵後のホルモンの状態だと脳が判断します。

 

脳が排卵後だと判断する事で排卵がおこらない状態になり妊娠しにくい体質になっていきます。

 

また、最近ではホルモンが少ないタイプの物が主流になっています。

 

 

低用量ピルとは?

  

 

低用量ピルとは、含まれるホルモン量が少ないピルの事です。

 

日本では1999年に解禁され「低用量ピル」が使用できるようになりました。

 

含まれるホルモン量が少ないこのピルは世界中で最も良く使われていてスタンダードになっています。

 

手に入れるには医師の処方が必要な薬なので診察を受ける必要が有ります。

 

 

ピルを服用する事のメリット

  

 

ピルを服用する事により、血中のホルモン量の状態が安定します。

 

その結果、ホルモンの乱れなどからくる生理痛や生理不順が和らぐと言われています。

 

精神的にもイライラが減るので良い状態を保つことが出来ます。

 

また、ピルの働きで子宮内膜の厚みも減るので生理時の出血も減り貧血も軽くなることが期待できます。

 

 

ピルを服用する事のメリットまとめ

  

 

  • PMSや生理痛が和らぐ
  • 生理不順の改善が見込める
  • 子宮筋腫や子宮内膜症の痛みの緩和
  • 女性特有の病気の予防
  • 生理日をずらしたい時のも有効

 

などのメリットが有ります。

 

 

先程も言いましたがピルは一般薬では無いので薬局で購入する事は出来ません。

 

日本では必ず医師の処方が必要とされている薬です。

 

費用もざっと計算すると1シートひと月分が

 


医師の診察+薬代で約6000円から7000円が相場です。

 

そんなピルですが個人輸入でならいつでも購入出来てしかも格安です。

 

 

 

 

 

このカテゴリーでは個人輸入で購入出来る色々なピルのご紹介をしていきます。是非ご期待ください。

人気のEDジェネリック薬